フォトニュース

カレンダー

最近の記事

交換中の花苗情報

11月中旬おすすめの花苗

2013年11月19日

リサイクルフラワーセンターでは生ごみから堆肥を作り花を育てています。
花は専用生ごみバケツと交換できます。
今回紹介する花は、シクラメンとシロタエギクです。

シクラメン・メティス ビクトリアデコミックス

 寒さに強く、次々と花が咲き10月から4月まで開花期間が長いのが特徴です。花びらの先端が濃いピンクで縁取りられ、銀色の葉との組み合わせが珍しい品種です。
 シクラメンのなかでは寒さに強いタイプですが、霜に何度もあたると株が痛むので木の下や軒下に置くとよいでしょう。5月上旬頃までは、1週間に1回程度薄めの液体肥料を施します。水やりは、鉢土の表面が乾いてきたら球根の頂部に水がかからないように株元へたっぷりと水をあげてください。

シロタエギク・シルバーダスト

 白い毛に覆われた葉は雪が被ったようで、冬花壇のパンジーやハボタンとの混植によく合います。耐寒性が強いので、花の乏しい冬花壇には最適です。春から初夏にかけて大きく生長し、黄色の花が咲きます。切戻しをして丈を低く調整することも出来ます。
 日当たりと水はけの良い場所を好みます。病害虫には強いほうですが、春先のアブラムシには注意が必要です。

ページの上部に戻る