フォトニュース

カレンダー

最近の記事

交換中の花苗情報

3月のおすすめの花苗

2013年3月1日

リサイクルフラワーセンターでは生ごみから堆肥を作り花を育てています。

花は専用生ごみバケツと交換できます。

今回紹介する花は、「キンギョソウ」、「パンジー」です。


       
キンギョソウ・スピーディーソネットクリムソン
 花の形が金魚のようなのでこの名前がつきました。日光をとても好み、できるだけ風通しのよい涼しいところが適しています。開花期間は、3月から6月ですが一度花が終わった6月頃に切り戻すと涼しくなった秋頃に再び花を付けます。
 キンギョソウは、過湿と濃い肥料に弱い性質がありますので注意してください。
 この品種は、地植えにすると草丈50㎝前後となり高低差をつけるガーデンにおすすめの品種です。分枝性があり、茎が硬くボリューム感のある花穂ができます。  
パンジー・タキシード
 ヨーロッパ原産の秋まき一年草で日本名はサンシキスミレと呼ばれています。早い品種では、11月頃から咲き始め春遅くまで咲き続けます。中輪から超巨大輪までの多系統にわたる品種と花色があり、花の真ん中に顔のようにブロッチが入るものやすっきりとした単色のものまでバラエティーに富んでいます。
 今回ご紹介する品種は、黒暗赤色で縁辺に銀白色の覆輪が入ります。花径5㎝程度の中小輪系で花立が多く見栄えのよい品種です。クラシカルな花色で人気のパンジーです。
 寒さに強いので、特に防寒を行なう必要はありませんが、よく日の当たる所で管理しましょう。また、枯れた花は花径の根元から指で軽くひねるように取りましょう。  

ページの上部に戻る