フォトニュース

カレンダー

最近の記事

交換中の花苗情報

2月おすすめの花苗

2017年2月15日

リサイクルフラワーセンターでは生ごみから堆肥を作り花を育てています。
花は専用生ごみバケツと交換できます。
今回紹介する花は、オステオスペルマムとクリサンセマムです。


オステオスペルマム アキラミックス

 寒さには強く、霜や凍結に気をつければ-5℃程度まで耐えます。
 霜や乾いた寒風に当たると葉先が枯れ込みますので鉢植えの場合はベランダや日当たりの良い室内で育てます。 乾燥には比較的強く、多湿を嫌うので水のやり過ぎには気をつけましょう。 開花期間中は咲き終わった花をそのままにしておかず、花茎の下から摘み取る「花がら摘み」をおこないます。枯れた花を摘み取るのは美観の問題と、株に余計な体力を使わせないためです。こまめに花がら摘みをすることで、シーズン中は次々と新しい花を咲かせてくれます。


クリサンセマム アップライトイエロー

 元気がよく頑健で、冬にも花を咲かせる冬のガーデニング定番の植物です。
 3月以降、気温が高まると加速度的に伸びるのですが、伸びすぎて今度は葉っぱ同士が密集して蒸れやすくなります。水を控えるよりも、伸びたノースポールを刈り込んで、風通しを良くした方が、わき目が伸びて更に立派に成育します。 アブラムシがつきやすいので、見かけたらすぐに捕獲してしまうか、殺虫剤を掛けるか、前もってオルトランなどの殺虫薬を撒いておきましょう。

ページの上部に戻る