フォトニュース

カレンダー

最近の記事

交換中の花苗情報

5月中旬おすすめの花苗

2012年5月17日

リサイクルフラワーセンターでは生ごみから堆肥を作り花を育てています。
花は専用生ごみバケツと交換できます。
今回紹介する花は、「ペチュニア」、「ダイアンサス」です。

ペチュニア・デュオMIX
 南アフリカ原産のナス科の一年草植物です。日当たりのよい場所を好み、たくさんの花をつけますが長雨に弱い性質があります。  デュオは、横に広がる性質の八重咲き品種の混合でとても華やかです。  
 長期間花を楽しむために切戻しを梅雨前におこなうと、風通しがよくなり傷みなく夏を迎えることができ、秋にまた花を楽しめます。葉や茎を腐らせないよう管理することがポイントです。  
 また、肥料を切らすと花つきが悪くなりますから、10日に1回の割合で液体肥料を与えましょう。  
ダイアンサス・ベルフィMIX
 ひとくくりにダイアンサス(ナデシコ)というとたくさんの種類があります。ベルフィは矮性で四季咲き性の強い品種です。  
 日当たりと水はけのよい場所なら丈夫で花つきもとてもよくなります。その条件を満たしてやれないと、徒長したり病気にかかりやすくなり花つきも悪化します。肥料食いがよく、肥沃な土を好むので緩効性肥料は忘れずに与えてください。  
 花が終わりかけたら全体を切り戻すと、また花が咲きます。高温多湿に弱いので、真夏は半日陰に移動したほうがよいでしょう。  

ページの上部に戻る